Vol12 からだと心のあたため方~自分をほめてあげましょう~

処方箋1 からだをあたためてくれる身近な食材

〇 葛(くず) 学名 Pueraria montana
「葛根湯 かっこんとう」というとわかりやすいでしょうか。「葛根」は葛の根のことをいいます。寒気のする風邪には葛根湯、ということで、からだをあたため、発汗を促すはたらきがあります。肩こりなどでも、処方されることがありますが、今回はあえて食材でご紹介したいと思います。くず湯でもいいですが、お味噌汁にいれたり、根菜をたいてとろみをだしたり、ぜひ、とりいれてみてください。
・森野吉野本葛:みなさまの近所のスーパーにも包装はちがっても扱いあるかもしれません。

くずの使い方は、少量をぬるま湯でとかすのがポイントです。

くず湯:本葛25gに少量のぬるま湯でとかし、熱湯を180ccくわえます。
これに、梅や梅醤番茶、生姜をいれるのもおすすめです。甘味を加えるのもいいかもしれません。
野菜の炊き合わせにとろみづけとしてもお使いいただけます。
*写真は森野吉野葛本舗(奈良県宇陀市)薬草園もある

〇 ユズ 学名 Citrus junos

ユズは私たちには、とてもなじみのある香りで、苦手な方は少ないと思います。この香りは、「副交感神経」に働きかけて、精神を安定させてくれて、気分転換させてくれるのです。眠れないとき、ゆっくり呼吸したいときにとてもおすすめの香りです。
エッセンシャルオイルを利用してマッサージすると血流をよくして、肩こりのかたには助けになるし、常備しているととてもいいオイルです。
最近使っていなかったので私もまた、自分のくすり箱に加えました。冬至のユズ湯だけでなく、いつでもどうぞ。

・ユズのエッセンシャルオイル(モンサンミッシェル)

ホホバ油に前回ご紹介したマジョラムとユズを加え、肩などマッサージすると、血行もよくなり、また香りでも幸福にしてくれる組み合わせです。
*水蒸気蒸留のものが光毒性もなく使いやすいかもしれません。
*お肌に使用する際はパッチテストしましょう

〇 生姜 学名 Zingiber officinale

生姜は食材としても、また、エッセンシャルオイルも使いやすく役立ってくれます。食材として購入したら、半分はスライスして乾燥させて冷凍しておきましょう。(蒸して乾燥もおすすめ)血行をよくして温めてくれる成分が増えるのです。生姜湯にしたり、くず湯にいれてみたり、以前ご紹介した、簡単な参鶏湯に使ったり、常備しておくと、とても便利です。胃腸の血行も高めてくれます。
・生姜湯:乾燥させた生姜スライスを数枚煮込んで、はちみつなどで甘味をくわえると美味しくなります。
Vol.9“夏の疲れ”をリセットして持ち越さない植物療法 – ルボア フィトテラピースクール
に簡単な参鶏湯レシピ掲載


・ジンジャーのエッセンシャルオイル(モンサンミッシェル)

手のひらにホホバ油を約5mLにジンジャーのエッセンシャルオイルを1滴加えたものでマッサージすると、血流を改善しあたためてくれるマッサージオイルになります。

処方箋2 湯たんぽを使ってみよう

職場や在宅勤務などでの足元やお腹などにも、使いやすいものをみつけましたので、ご紹介しますね。
海などに入るときのウェットスーツ素材でできている、湯たんぽです。熱湯をいれても、火傷しづらく使いやすいと思います。
写真の四角いものは足首用で装着できます。

・クロッツやわらか湯たんぽ(ヘルメット潜水株式会社)
https://www.cloz.co.jp/

処方箋3 愛のフラワーエッセンス ホリー

ホリー(ヒイラギ)のフラワーエッセンスは、私の中ではとても大切なレメディーのひとつです。このエッセンスは、全てが愛によって繋がり、一つなるもの“unity”に気づかせてくれるレメディーです。
ヒイラギは、クリスマスに魔除けとして使いますよね。このトゲは、動物がとどかない高さになると身を守る必要がなくなるので、丸くなるそうです。葉を動物に差し出すこともできて、結局、愛を与えてくれるのですね。

フラワーエッセンスは植物を原料に用いたエッセンスを飲むことで、マイナス感情を和らげるものです。
ホリーは、人を信じられない、怒り、心がとげとげしてしまったときにおすすめのエッセンスです。
愛を表現したいときにもおすすめなのです。朝昼晩寝る前に、1回2滴ずつ飲んでみましょう。
服用しているお薬とも一緒に飲んでいただけます。

ルボアフィトテラピースクールで植物療法を学ぶときに、最初に、「大切にしたい7つのこと」を告げられます。その一つに、「自分の体の声をきく」とあります。無理していることはありませんか?発している言葉に、心の声のくいちがいはありませんか?
みなさま、どんなことがあっても、自分自身を大切に、日々頑張っている自分に「ありがとう!」って感謝して、ぎゅっと抱きしめてみてください。
そして、ご紹介した温かいものいただき、オイルを活用して血行をよくして、こころも身体もあたためましょう。そして、冬至を祝いましょう。自分に集中する年末をお過ごしくださいませ。

コラム:宇鷹 画美
https://instagram.com/laboratory.lum?utm_medium=copy_link
植物療法士
フラワーエッセンス インストラクター
薬剤師
食料品店NeighborFood勤務(神戸)
https://instagram.com/neighborfood_kobe?utm_medium=copy_link


野菜やハーブなど植物の取り入れかたを伝えるのが楽しみです。植物が育つ土壌にも興味があり畑作業も挑戦しています。
自身の体調不良を経験し、健やかにあることは、きちんと病院で検査することも含めて、まず自分を知ることが大切であることを学びました。
その経験から、自分を知るツールを増やしていくことについてお伝えしていきたいです。一緒に実践していきましょう。