Vol21 自分の身体とこころを理解する大事な一歩

「性科学(セクソロジー)ってなに?

「性科学」という学問は、生物としての性、そして性に関する教育、
それから心理面にかかわることなどを通して、人の性と生殖に関する健康の向上を目的としています。
性を科学的に研究する学問なのです。

「WOMB LABO」のメディアサイト

また、森田敦子先生は、もっとその分野を身近なものとして、
女性のケアを発信するメディアサイト「WOMB LABO」を立ち上げ、
ショールーム型ストア「WOMB LABO Daikanyama」を東京・代官山にオープンしました。

WOMB LABO公式サイト

「WOMB LABO」公式コラム

サイトには、様々な情報が掲載されています。とくに、性科学にかんしては、下記の連載をご覧になってみてください。
とても優しい言葉にあふれた連載です。

【連載】Dr.クロードの性科学
【連載】女性の「性」との付き合い方
【連載】森田敦子が考えるフェムテック

書籍のご紹介

『感じるところ』 森田敦子著
女性器や性のこと、腟について理解していただくことを目的に書いた一冊
『世界中の女子が読んだ!からだと性の教科書』
エレン・ストッケン ダール (著), ニナ ブロックマン (著), 高橋 幸子 (監修)
若い世代に誤った情報が流れやすい性のこと、疑問に答える教科書のようなもの。
『マーマーマガジン 17号』 服部みれい編集雑誌
さまざまな興味深い書籍の紹介があり、歴史的なことにもふれています。

森田敦子先生が性科学についての講座を開講

ルボアでは、「性科学~入門~コース」が開校しています。
森田敦子先生が『性科学』について切り込みます。
パリ臨床セクソロジー(性医学)仏医学会副会長から学んできたこと、パリ13大学で学んできた生物学のセンテンスを元に入門編として紐解きます。


性科学~入門~コースとは

教育機関では学べなかったこと、普段の生活の中ではなかなか聞くことができなかったこと、
今まで自分が理解をしてきた『性』について考えるクラスです。
性科学~入門~コースはこちらから

きっとひとりひとり違う性科学①

みなさん、自分の身体に触れていますか。ぜひ優しくふれてみてください。
身体全体に触れてみると、潤っているところ、乾燥しているところ、滞っているところ、気持ちがいいところ、
日々あるいは日内でも変化することもあるでしょう。

きっとひとりひとり違う性科学②

こころの状態も含め、その感覚の変化の理由はさまざまです。
「性科学」をとおして、自分のことを知ることで、もっと豊かな感覚を得られると思います。
「自分のための性科学」を生み出すために、学びを一歩すすめてみませんか。

コラム:宇鷹 画美

Instagram:https://instagram.com/laboratory.lum?utm_medium=copy_link
植物療法士
フラワーエッセンス インストラクター
薬剤師
食料品店NeighborFood勤務(神戸)
https://instagram.com/neighborfood_kobe?utm_medium=copy_link

最後に

野菜やハーブなど植物の取り入れかたを伝えるのが楽しみです。植物が育つ土壌にも興味があり畑作業も挑戦しています。
自身の体調不良を経験し、健やかにあることは、きちんと病院で検査することも含めて
まず自分を知ることが大切であることを学びました。
その経験から、自分を知るツールを増やしていくことについてお伝えしていきたいです。
一緒に実践していきましょう。